关闭

無料登録

すでにアカウントをお持ちの場合はこちら ログイン

关闭

お客様情報登録

新規登録をすると、 サービス利用規約プライバシーポリシーおよび
GDPR対応 に同意したとみなされます。

事例 ヒートマップ分析に関する情報や利用者の方の声などの情報を掲載しています。

Ptengineがなかったら、どう改善していいかわからないほどの依存度になっています

他社にもPtengineのすばらしさを宣伝しています

コーポレートプロフィール

株式会社ホットライン

「インターネット上のあらゆる可能性を創造する」をビジョンに、SEO、広告運用代行、メディア運営などを手がける株式会社ホットライン。インターネット集客では手堅い実績を誇ります。

  • これまでの課題

    ABテストの改善の根拠が曖昧だった

    改善がうまくいかず、時間がかかっていた

  • Ptengineを選定した理由

    評判を聞いて導入

    まずは導入して、検証をしてみたかった

  • Ptengineへの評価

    PtengineがABテストによる改善の要に

    仮説と検証が効率化

インタビュー

組織体制の変更でPtengineが分析の要に

--Ptengineを導入した経緯を教えてください。

野沢氏:ツールを知った経緯は、ネットの紹介記事だったのか、他社から評判を聞いたのだったか、はっきりと覚えていません。ただ、「Ptengineはいいらしい」という話をどこかで聞いて、それならば、という感じで2年前に導入しました。

無料プランを体験せずに、すぐに有料プランに登録しました。導入しやすい価格帯でしたし、まずは導入して試してみないと判断できないと考えたからです。

しかし、導入して1年はほぼ放置でした。もともと、WEB制作担当に見てもらいLPO(ランディングページ最適化)に役立ててもらおうと思ったのですが、ただツールを丸投げしても効果的に使用できませんでした。

当時からABテストはやっていましたが、今振り返れば、改善の根拠が曖昧なままABテストを行っていました。例えば、運用している広告のCVRが想定より低いときは、まずLP(ランディングページ)のキャッチを変えてみよう、結果が改善されればよかった、されなければ今度は写真を変えてみよう、というような担当者の主観でABテストをしていました。改善のポイントが当たればいいですが、当たらないこともあるので、無駄な施策が多く、改善の効率が悪かったのです。

改善の効率化に悩む中で、ふと導入していたPtengineを思い出しました。実際に使ってみたら、ヒートマップのデータからLPのどこを改善するべきなのか、改善して数値がどう変わるのかが一目瞭然にわかるようになりました。特に、直接コンバージョンを重視するLPでは、一番最初に改善するべきポイントが明確になり、改善の効率が大幅にアップしました。

--放置していたPtengineを思い出したきっかけは何かあったのでしょうか?

野沢氏:組織体制が変わったことがあるかもしれません。以前は、広告運用のチームとWEB制作チームが分かれていました。そのため、運用側と制作側がうまく連携出来ていないと、同時にABテストしてしまったり、テスト結果の責任の所在が曖昧だったんです。

その後、運用と制作でチームは分けず、案件別でチームを作る体制に切り替えました。1つの案件で、広告運用担当者、デザイナーが一緒のチームとして動くので、広告配信結果データとLPのヒートマップを照らし合わし、改善スピードが大幅にアップしました。今では、Ptengineが改善フローの要になっています。

株式会社ホットライン ウェブマーケティング事業部 マネージャー 野沢明寛氏に、Ptengineの導入の背景、活用状況、今後の期待などについてお話をうかがいました。

Ptengineなしの改善は考えられない!

--Ptengineをどのように活用していますか?

野沢氏:ランディングページはもちろんですが、今流行りの記事LPとの相性も抜群にいいと思います。記事LPを制作する際に、ユーザーニーズを想定してコンテンツを制作しますが、実際に広告配信してみると、良いだろうと思ったコンテンツが見られていなかったり、逆におまけで作成したコンテンツが読まれていたりということが、Ptengineのヒートマップからわかります。実際のユーザーの動きを見て、本来のユーザーニーズが発見できています。

また、広告の媒体は、Yahoo、Adwords、Facebook、アドネットワークなど、いろいろ活用していますが、媒体や配信メディアによってターゲットの属性が変わるのもヒートマップを見ているとわかりますね。

広告を見て、購入せずに離脱した人には、リターゲティング広告を表示しますが、リターゲティング用LPの制作にもPtengineが必須となります。離脱したページと同じ内容を見せてもまた購入してくれない可能性が高いので、購入しなかった理由を想定し、購入につながる別の切り口のLPを制作するのですが、Ptengineがあればファーストビューからスクロールするタイミングで何%離脱しているのか、次のコンテンツではどうか、何が読まれているのか、というように見ていくことで、購入しなかった理由が見えてくるんです。

高齢者がターゲットのコンテンツについては、フォントのサイズや種類でどれくらい読了率が変わるのかを、Ptengineを使ってテストしました。ただこのときは、読了率が上がったのですが、逆にコンバージョンが下がる結果になってしまいました。このあたりは、さらに仮説立てや分析が必要ですね。

今では、Ptengineがないと、何から修正していいかわからないくらいの依存度になっています。どの業界でも、LPに誘導するだけでなく、コンバージョンにつながるユーザーの質を重視するようになっていますから、改善する中でヒートマップは欠かせない存在です。

実は、業界の集まりにもよく顔を出しているのですが、その時にいつもPtengineを勧めているんですよ。「絶対使ったほうがいいよ!」と。私の紹介がきっかけで導入したという会社も結構あるんですよ。改善のためにはPtengine様なツールは必須なので、逆になしで運用しているところが信じられないくらいです。何を頼りにLPの改善するんだろう、と思ってしまいます。

--そうなんですね!それはありがとうございます。

野沢氏:弊社で広告運用代行のみを請け負ってるクライアント様には、LPOを効率的に行ってもらう為、Ptengineを導入することをすすめています。やはり、LPOを感覚だけで行う人が多いのですが、効率的な改善のためにはどのコンテンツが読まれているのか、どこで離脱するのかという数値データが非常に重要ですね。

ユーザーニーズをつかむのにもPtengineが必須

--Ptengineでわかった意外なコンテンツの改善ポイントなどはありますか?

野沢氏:ある案件で、ユーザーが知りたいだろうと思う内容を詳しく書いたところ、コンバージョンが悪かったことがありました。Ptengineを見たところ、読まれていない箇所、離脱が発生する箇所があったので、そこを削除しました。最終的に、最初のバージョンと比べてかなりコンテンツの長さが短縮されたんですが、コンバージョンが大きく改善しました。不要なコンテンツを削除するという単純な対応でも、場合によっては効果が高いということがわかりました。

一方で、コンテンツの長さは変えずに、トップに目次となるアンカーリンクを設置したら、下の方にあるコンテンツも見られるようになったという事例もあります。コンテンツは短ければいい、というわけではなく、ユーザーの読み方やニーズをつかんで、改善することがコンバージョンにつながるんだと思います。

--Ptengineへの要望はありますか?

野沢氏:Googleオプティマイズと連動できるようになると聞いたのですが、どのように連動されるのですか?

--タブをスライドするだけで連動できるようになります。

野沢氏:今、画面を切り替えながら見ているので、連動するのはうれしいですね!先日のバージョンアップで、前よりさらに使いやすくなったと感じています。

弊社でも、導入後1年近く放置してしまっていますが、そういう会社は多いかもしれません。LPOのフローにPtengineを組み入れるだけで、PDCAのスピードが大幅にあがるので、使えていない担当者の方には直接説得にいきたいくらいです。

--うれしいですね!セミナーなどにぜひご登壇ください!

料金プランを見る 導入事例を見る
今すぐPtengineで新しい分析体験を

サインアップは1分で完了、しかも無料から

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

受付時間:平日 午前 10:00 ~ 午後 18:00

03-6380-4268

お友達があなたをPtengineに招待しました!

あなたの友達 から招待を受けました!Ptengineの14,800円のプランが
100円で利用可能です!

今すぐ新規登録してクーポンをゲットしましょう!

「利用規約」に同意した上、無料登録を行ってください。

まずPtengineについて知りたい方がこちらへ→ このポップアップウィンドウを閉じても友達から招待されたクーポン券は有効です。